建設機械レンタル 双葉リース株式会社建設機械レンタル 双葉リース株式会社


建設機械・産業機械のレンタル・販売・修理

homehome新着情報新着情報会社情報会社情報お問い合せお問い合せ採用情報採用情報

ニューマチックケーソン工法

ニューマチックケーソン工法 使用機材一覧

ニューマチックケーソン工法の解説動画


動画提供:日本圧気技術協会

概要

ニューマチックケーソン工法(Pneumatic caisson method)の「pneumatic」は「空気の」という意味で、「caisson」は「函(はこ)」を意味します。日本では「潜函」工法とも呼ばれています。現在では主として鉄筋コンクリート製の函(躯体)を地上で構築し、躯体下部に気密な作業室を設け、ここに地下水圧に見合った圧縮空気を送り込むことにより、地下水の浸入を防ぎます。そして掘削、排土を行いながら、その躯体を地中に沈めることで。橋梁や建物の基礎、あるいはシールドトンネルなどの発進立杭、地下鉄や地下道路のトンネル本体として広く活用されています。

原理

ニューマチックケーソン工法は、コップを逆さにして、内部の空気が逃げないようにしながら、水中に押し込んだ状態と同じように、水の浸入を空気の圧力によって防ぐ原理を応用したものです。オープンケーソンが両端にふたのない筒であるのに対し、ニューマチックケーソンは、ケーソンの下部に気密作業室を設け、そこに圧縮空気を送り込んで地下水の侵入を防ぎ、地下と同じ状態で掘削ができるようになっています。下記にニューマチックケーソン工法の原理を示します。コップの中がケーソン作業室、コップの先端がケーソンの刃先にあたります。
ケーソン原理

沈下理論

ケーソン沈下関係は一般に下記のように表されます。ここでケーソンの沈下する条件はW>Wrとなります。
沈下理論